Sample Site

コンテンツ

病院で働く保育士の仕事

求人数が少ない、病棟保育士求人、医療保育士求人。
病院で働く保育士のお仕事ですね。

保育士として、これからの自分の働き方、キャリアを考えてみて病院で働く保育士を目指したい、という方も多いのではと思います。

また、知り合いから病院で働く保育士の存在を聞いて、目指してみよう、という方もいらっしゃるのではと思います。

保育園だけが保育士の職場ではありませんね。
色々な可能性があります。

病棟保育士求人として掲載されている事が多い印象がありますが、直接、病院に採用される場合や業務委託で病棟保育士を派遣している企業などからの求人を見つけられる事があります。

どちらも求人としては希少なので、希望しても今すぐは見つからない、といった可能性もあります。

病棟保育士になるためには、今のところは保育士資格があればなる事が出来ます。

しかし、病院で働き、病気の子供達のケアにも関わる事になりますから、関連した知識などは持っておいた方が良いですよね。

医師や看護師、薬剤師、場合によっては理学療法士や作業療法士、言語聴覚士の方達とも連携してケアに当たる事が必要となります。

また、申し送りに参加する病院もあるそうです。
そうなると、専門用語を理解しておかなければ、内容が全く分からず仕事に支障が出てしまうかもしれません。

保育園などに勤務する時以上に、学ぶ姿勢は大切といえそうですね。

また入院しているお子さんの親御さんともコミュニケーションを取り、信頼関係を築くこともとても重要と言われます。

家族の相談に応じて支援する事も多くなりますし、親御さんも不安に思っている部分も大きいです。

プレイルームに来ることが出来ない子供達もいます。病室を訪ね、遊びを提供したりしますが、病棟保育士が来て笑顔になってくれるのが、毎回とても嬉しい瞬間、という方は少なくありません。

お子さん本人のみならず、ご家族も含めて支援を行う事も病棟保育士の重要な役割と言われます。
これからますます需要が高くなると考えられる病棟保育士の仕事ですが、求人が急激に増えるとは考えにくいですね。

少ない応募のチャンスを逃さないように、情報収集はこまめに病院の採用ページなどをチェックしたり、人材紹介会社を利用したりといった方法がオススメです。

東京の病棟保育士求人

Sample Site